同じタイプのマンションでも異なる不動産査定

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 同じタイプのマンションでも異なる不動産査定
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
同じタイプのマンションでも異なる不動産査定不動産選びのコツ

様々な方法から算出される不動産査定の価格は、同じマンションでもそれぞれ不動産査定価格は異なります。同じタイプの間取りの場合、築年数などの基礎データはあまり変わらないのに、どうしてこんなにも不動産査定価格の差があるのだろうと疑問に思う事でしょう。

不動産査定の基準は汚れや傷による室内の状況だけではなく、日当たりや方角、眺望なども不動産査定に大きく影響するのです。通常マンションは上階に行くほど不動産査定価格は高くなります。

日当たりや風通しがいい最上階は、最も眺めがよく開放感があります。人気も高い最上階はやはり不動産査定に加算される金額も大きくなります。しかし、マンションによっては最上階が、一番不動産査定価格が高いとは限りません。

エレベーターが無い場合には、階段を利用するしかありません。最上階に行くほど利便性が悪く、不動産査定も下がってしまうのです。また、1階でも専用のお庭や駐車スペースが設けてある場合は不動産査定も高くなります。

Comments are closed.